U-NEXTサブスク映画情報

【U-NEXTのポイント何に使ってる?】おすすめの使い方5選

U-NEXT
本ページにはプロモーションが含まれている場合があります。

この記事はすでにU-NEXTに加入している方へ向けた記事です。

U-NEXTは月間1200ポイント付与されます。(無料期間でも600ポイント付与)

月額料金2189円は他のサブスクに比べ割高に感じるかもしれませんが、付与される1200ポイントをお金として考えると割安。

月額2189円-付与1200ポイント=実質月額989円

U-NEXTのポイントはレンタルや電子書籍購入など様々に使うことが出来ますが、私は映画の割引チケットへの交換がベストだと思います。

なぜならせっかくの話題作や新作。

劇場で鑑賞したいと思うのは映画好きなら当然の考えと思うからです。➡私もその一人です。

この記事ではポイントの映画割引チケットに交換方法と使える映画館の紹介。

割引チケット以外のポイント使用方法を紹介をしていきます。

ポイントを有効利用してより良いエンタメライフで人生に彩を。

U-NEXTポイントの使い道5選

U-NEXTの毎月の付与ポイントは1200ポイント。

  • 毎月少しずつポイント使う
  • ポイントを貯めて映画の割引チケットに交換

など使い方は自由です。

ですが期限があるので注意してください。

ポイントの種類期限
無料でもらえる1200ポイント    90日   
自分でチャージしたポイント    180日   

映画割引チケット利用解説の前に、U-NEXTポイント使い道を解説していきます。

U-NEXTポイント使い道5選
  1. レンタル作品の視聴
  2. 電子書籍の購入
  3. NHKまるごと見放題パックの支払い
  4. ライブ配信チケットの購入
  5. 映画の割引チケットに交換

レンタル作品の視聴

U-NEXTでも「見放題作品」と「レンタル作品」があり、最新作はレンタル作品となっています。

話題の新作を見たいという時にこのポイントを使うと追加料金なしで最新作を観ることができます。

レンタル作品の相場は以下のようになります。

  価格帯   
   新作~準新作    330円~550円   
   最新作  399円~1750円
   購入    2750円

価格の幅は大きいですし、作品によっては購入できる作品もあります。

※購入した場合は退会しない限り解約しても視聴可能です。

持っているポイント以上の作品をレンタルした場合、支払った金額の40%をポイント還元してくれます

個人的には準新作作品になり、価格がこなれてきたらレンタルしてもよいかなと思ってます。最新作でなくても見たい作品は山ほどありますから・・・

電子書籍の購入

原作ありの作品を視聴したあと、原作で続きを見たくなることがあると思います。

そんな時に便利なのが、【U-NEXTの電子書籍】。漫画・ラノベ・小説・雑誌などなど、いろんな電子書籍が取り揃えられています。

U-NEXTポイントは「1ポイント=1円」なので、大体書店で販売されている値段と同じポイントで購入できます。

無料で読める作品は雑誌が多いのです。

ポイントでは書籍や漫画を購入。映像作品は基本無料作品を視聴をおすすめします。

 最新コミックも600円分無料で読める/

NHKまるごと見放題の支払い

ポイントは【NHKまるごと見放題】の支払いにも使うことが出来ます。

2023年配信されている作品数は約1200作品ほど。

その中には、過去の大河ドラマや朝ドラ、ドキュメンタリーなどもあります。

NHKの番組を視聴しようとすると以下の画面になります。

ここでNHKまるごと見放題パックを選択すると月額料金990円の支払い画面になります。

単品でのレンタルも可能ですが、見たい作品がたくさんあるなら「NHKまるごと見放題パック」を利用するとお得です。

毎月の付与ポイントを使えば実質無料で「NHKまるごと見放題パック」を契約することができます。

ライブ配信チケットの購入

U-NEXTにはスポーツ・舞台・音楽など様々なライブ配信があります。

U-NEXTポイントを使ってアーティストや舞台のライブ配信のチケットを購入することができます

内容価格帯見逃し配信
音楽ライブ無料~3500ポイントない場合もある
音楽生配信ライブ4000ポイント~4600ポイントあり
舞台 演劇3500ポイントあり
スポーツ無料あり
価格はあくまで目安です

音楽の生配信ライブは録画では味わえない興奮がありました。

ポイントの期限と残ポイントの確認

U-NEXTポイントには期限があります。

ポイントの種類によって期間が変わるので注意が必要です

ポイントの種類期限
無料でもらえる1200ポイント    90日   
自分でチャージしたポイント    180日   

残りのポイントの確認は U-NEXTの管理画面 から確認できます。

ログイン後、アカウントをクリックすると、現在のポイント状況が確認できます。

※こちらはアプリ管理画面です

1)アカウントをタッチ

2)ログイン後、アカウントをクリックすると、現在のポイント状況が確認できます。

おすすめ使い道は映画割引チケット

ここまでポイントの様々な使い道を紹介してきましたが、一番のおすすめは映画チケットです。

U-NEXTは映画好きこそ入るサブスクだと思います。

その考えが正しければ、ポイントで映画を見るのは良い使い道かと思います。

映画チケット引き換えは便利なサービスですが、2つの注意点があります。

映画チケット引き換えの注意点
  • U-NEXTポイントで交換した映画チケットの有効期限は10日間。
  • すべての映画館で使えるわけではない。

U-NEXTポイント交換した映画チケットの有効期限は、発行日を含め10日間です(全映画館共通)

期間が短いのでされているので、なるべく早めに使うようにしましょう。

対象映画館一覧

U-NEXTポイントでのチケット発行に対応しているのは以下のシネコン(チェーン展開している映画館)です。

すべての映画館で使えるわけではないので注意してください。

【KINEZO】関東・新潟の対象劇場

以上の劇場の他にオンラインチケット予約【KINEZO】が使えます。

【KINEZO】は全国対象の映画チケットをオンライン予約できるサービス。

【KINEZO】を利用するには注意点があります。

【KINEZO】利用の前に
  • オンラインチケット予約【KINEZO】の会員登録(無料)が必要。
  • 子アカウントで購入制限が設定されている場合は利用できない。
  • 契約の種別や支払い方法によっては利用できない。
  • 30日間で発行できる枚数に制限がある。

【KINEZO】関東・新潟の各劇場の上映スケジュールは以下を参照してください

   都道府県     【KINEZO】対象映画館   
   新潟県    T・ジョイ新潟万代
    T・ジョイ長岡
   東京都    新宿バルト9
    T・ジョイSEIBU大泉
    T・ジョイPRINCE品川
   神奈川県    T・ジョイ横浜
    横浜ブルク13
   千葉県    T・ジョイ蘇我
   埼玉県    こうのすシネマ

【KINEZO】関西~九州の対象映画館

【KINEZO】関西、中国、九州のの各劇場の上映スケジュールは以下を参照してください

  都道府県    【KINEZO】対象映画館   
   大阪府         T・ジョイ梅田
   京都府      T・ジョイ京都
   広島県      広島バルト11
      T・ジョイ東広島
   島根県      T・ジョイ出雲
   福岡県      T・ジョイ博多
      T・ジョイ久留米
      T・ジョイリバーウォーク北九州
   大分県      T・ジョイパークプレイス大分
   鹿児島県      鹿児島ミッテ10

U-NEXTポイントで映画チケット利用法

ここからは実際のポイント利用法を解説していきます。

1.ブラウザでU-NEXTにアクセスし、IDとパスワードでログインします。

アプリではポイントを使用できないので気を付けてください

2.メイン画面のポイントをクリック

3.ポイントページの映画館クーポンをクリック

4.クーポン発行

最下部のクーポン発行を選択する

5.劇場を選択してください

6.クーポン発行します

7.クーポンページで引き換えたのを確認し利用する

映画館クーポンページに発行されたクーポンが表示されるので、劇場にてスタッフに見せて使用する。または事前予約して利用してください。

まとめ

ここまで記事を読んでくださりありがとうございました。

今回は【U-NEXTのポイント何に使ってる?】ということで以下の事を解説しました。

U-NEXTポイント使い道5選
  1. レンタル作品の視聴
  2. 電子書籍の購入
  3. NHKまるごと見放題パックの支払い
  4. ライブ配信チケットの購入
  5. 映画の割引チケットに交換

U-NEXT加入の方は特に映画好きが多いと思います。

私も映画が好きでU-NEXTに加入していますが、毎月のポイントで映画を見るとU-NEXTがよりお得に利用できます。

月額2189円-付与1200ポイント=実質月額989円

配信のレンタルにポイントを使っても良いですが、映画好きはせっかくなら劇場で見ないと。

【U-NEXTのポイントを有効利用して、エンタメライフで人生に彩を。

ではまた

Comments

タイトルとURLをコピーしました